【Android】DialogFragmentの基本

DialogFragmentの使い方です。
今までは「Activity.showDialog」を使用していましたが、APIレベル13で非推奨となりました。
これからはDialogFragmentを使用して、ダイアログを表示することになります。

1.DialogFragmentのクラスを作る

今回は、簡単な「はい」「いいえ」のダイアログを作成してみます。

import android.app.AlertDialog;
import android.app.Dialog;
import android.app.DialogFragment;
import android.content.DialogInterface;
import android.os.Bundle;

public class TestDialogFragment extends DialogFragment {

	@Override
	public Dialog onCreateDialog(Bundle savedInstanceState) {

		AlertDialog.Builder builder = new AlertDialog.Builder(getActivity());
		builder.setMessage("テストダイアログ")
				.setPositiveButton("はい", new DialogInterface.OnClickListener() {
					@Override
					public void onClick(DialogInterface dialog, int id) {
						// クリック時の処理
					}
				})
				.setNegativeButton("いいえ", new DialogInterface.OnClickListener() {
					@Override
					public void onClick(DialogInterface dialog, int id) {
						// クリック時の処理
					}
				});

		return builder.create();
	}
}

2.ダイアログを表示する

DialogFragmentのインスタンスを作成し、「show」で表示します。
下記例「show」の”test1″は、フラグメントの状態を保存して、復元する時に使用するタグ名になります。「findFragmentByTag()」を呼び出すことでフラグメントのインスタンスを取得できます。

import android.os.Bundle;
import android.app.Activity;
import android.app.DialogFragment;

public class MainActivity extends Activity {

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.activity_main);

		// ダイアログを表示する
		DialogFragment newFragment = new TestDialogFragment();
		newFragment.show(getFragmentManager(), "test1");
	}
}

参考:Androidデベロッパーサイト

スポンサード リンク


return top